MENU

薬剤師を目指して!〜薬学部について〜

薬剤師になるためには、薬剤師国家試験を受験し合格しなくてはいけません。
薬剤師国家試験の受験資格として、大学の薬学部を修了し卒業しなくてはいけません。

 

以前、4年制であって薬学部は、平成18年度より6年制に変更になりました。
学校教育法の改正により、平成16年5月21日公布、薬学教育制度・薬剤師国家試験制度が変わりました。

 

薬学部が6年制になった目的に、薬剤師養成が挙げられます。
医療技術はどんどん高度になり、医薬分業などの制度が進み、高いスキルを持つ薬剤師が求められます。
その育成・養成のために、薬学部での教育を修業年限4年から6年に延ばされたというわけです。
これはそのまま、医学界の進歩にも貢献できるのではないでしょうか。

 

ただし、中には製薬会社や大学での研究・開発に携わる人材もいますし、薬剤師志望ではなく薬学の知識を習得して別の職業で活かそうと考えている人材もいます。
そのような場合には、4年制学部から大学院への進学も可能です。

 

これに伴い、薬剤師法が改正され、薬剤師国家試験の受験資格を6年制薬学部を修了し卒業した者としています。
4年制薬学部の卒業生は、平成29年度までの入学者に限り、薬剤師国家試験を受験する方法があります。
卒業後に薬学関係の修士か博士の課程を修了し、6年制薬学部の卒業生と比較して不足している単位を追加で履修、6年制薬学部の卒業生と同等であることを厚生労働大臣が認めた場合に限り、受験することができます。

薬剤師体験談『病院勤務の薬剤師のストレス』

病院に勤務している薬剤師です。
以前も病院に勤務していました。
仕事としては好きな現場です。
調剤薬局やドラッグストアに比べて、チーム医療であることに魅力を感じています。
その一員として患者さんに最善を尽くすという意味では、責任が大きい分、遣り甲斐も非常に大きなものだと感じています。

 

しかし、チーム医療だからこそ、そこで医師や看護師と意見が合わなかった時には、非常に大きなストレスを感じます。
薬剤師は薬のプロです。
しかしその意見を却下されて最善を尽くせないとなれば、それは大変不本意です。
また、医師や患者さんから薬についての質問を受けた際、すぐに答えられないことが稀にあります。
このようなときの不甲斐なさは、薬剤師を辞めてしまいたくなるほどです。

 

中にはワガママな患者さんもいます。
「眠れないから睡眠剤をちょうだい」と言われて、「先生の処方がなければお出しできませんよ」とお話ししても、なかなかそれを聞き入れて納得してくれない人もいます。
また、「痛み止めを少し多めに出してちょうだい。いつも生理痛がひどいのよ」と言われることもありました。
今どき、在庫管理もしっかりしているし、「少しくらいちょろまかしても大丈夫でしょう」などと言われると、正直呆れてしまいます。

 

薬剤師は医師と看護師と患者の中で、右往左往して仕事をしています。
これが非常にストレスなのです。

 

それでも病院勤務は辞められません。
その分、遣り甲斐のほうが大きいのです。

薬剤師のアルバイト・パート求人情報

《未経験OKの求人》【いわき市】パート・アルバイト募集《ドラッグストア》
勤務地

福島県いわき市

交通

JR常磐線(取手〜いわき) / いわき駅 徒歩15分

雇用形態

パート・アルバイト

業種

ドラッグストア

給与

パート・アルバイト:時給2,000円〜2,500円

勤務時間

月〜日祝/9:00〜21:30
※上記のうち、1日6時間〜×週3日〜応相談
※夕方〜夜間・土曜日の勤務のできる方も歓迎です

 

《高収入の求人》【下妻市】パート・アルバイト募集《ドラッグストア》
勤務地

茨城県下妻市

交通

関東鉄道常総線 / 下妻駅

雇用形態

パート・アルバイト

業種

ドラッグストア(調剤あり)

給与

パート・アルバイト:時給2,500円〜3,000円

勤務時間

月〜日 9:00〜21:00
※上記より相談により決定

 

>>薬剤師として働くならアルバイトやパートだと損しますよ…