MENU

薬剤師お役たち情報@記事一覧

薬剤師になるためには、薬剤師国家試験に合格しなくてはいけません。薬剤師国家試験の受験資格は、薬剤師法に基づき、薬学の課程を修了し卒業したものとし、外国の薬学を卒業している場合には、厚生労働省から日本の薬学を終了したものと同等であると認定された者としています。現在、薬剤師国家試験は年に1回行われ、試験に合格した者は厚生労働大臣より合格証書が交付されます。この合格証書をもって、薬剤師法に基づき申請を行...

薬剤師を職業にするとき、最初の就職は大学への求人から選択することがほとんどです。しかし、結婚や出産を機に仕事を辞めたり、ご主人の転勤で職場を離れることになったり、様々な理由で退職される方もいるでしょう。この場合、転職という形で次の仕事を探したり、子供が大きくなって仕事に復帰するという形で仕事を探すなど、求職することがあります。このようなとき、どういう形で求職したら良いのでしょう。まず第一に考えられ...

薬剤師になるためには、国家資格が必要です。薬剤師は、ある意味人の命を預かる職業とも言えます。2006年、薬剤師法のより、薬学が4年制から6年制に変更となりました。2014年実施、診療放射線技師国家試験、臨床検査技師、理学療法士国家試験、作業療法士、視能訓練士、そして薬剤師国家試験の6つの国家試験のうち、薬剤師国家試験の合格率の低下が指摘されています。厚生労働省の発表よると、2014年の第99回薬剤...

薬剤師は国家資格です。国家試験に合格しなければ取得することができません。国家資格を受けるためには、大学の薬学部を終了し卒業しなくてはいけません。卒業した上で、国家試験を受験し、合格して初めて薬剤師になることができるのです。薬剤師は、薬の専門家です。病院やクリニックの医師が書いた処方箋に基づいた薬品の調剤や、薬の服用の仕方、用法用量の説明、副作用や効能などの説明など、安全に薬を提供することが主な業務...

薬剤師は国家資格が必要です。国家試験を受けるためには、大学の薬学部を終了し卒業しなくてはいけません。つまり、薬剤師の資格は一生ものですね。結婚や出産を機に仕事を辞めたとしても、いずれ仕事に復帰することは可能です。国家資格の強みは、そこですね。一度、仕事を離れることで失うことはありません。いつでも、いくつになっても、採用条件にさえ合っていれば仕事に復帰することができるのです。しかし、結婚をしてご主人...

医師や歯科医師の中には、薬剤師の国家資格を取得している人がいます。その多くは、薬剤師の資格を取ったのちに、医師・歯科医師の資格を取得しているようですね。もちろん、異なる資格ですので、新たに勉強をし国家試験を受験することになります。医師は、自分が処方した薬については、自分で調剤することができます。ですから、個人病院で医師がひとりの場合は院内処方をしているところもあります。しかし、医師が複数いる場合は...

薬剤師も医師も、医療に携わる職業ですね。医師は、患者を診察して病気の診断をし、治療をします。治療に関して薬の処方をしますが、これは医師の役割ですね。症状や病状に合わせた薬を選択して、処方箋に記入します。薬剤師は、病院やクリニック、薬局に勤務していますが、医師が出した処方箋に則って薬の調剤をし患者に渡します。薬剤師は、薬の効能・副作用、用法・用量などの説明をします。最終的に薬を渡すのは薬剤師の役目で...

薬剤師は、国家試験を受験して合格しなくては資格を取得することができません。また、国家試験を受験するためには、大学の薬学を修了し卒業しなくては受験資格を得ることができないのです。平成18年より、それまで4年制だった薬学が6年制となり、薬剤師への道のりも容易ではありません。薬剤師の資格を取得した方の中には、医学により深く興味を持ち、医師を目指す方がいます。しかし、薬剤師と医師は、同じ医療に携わる職業の...

医薬品の進歩には、目を見張るものがあります。かつて命を落としていた病気が治るようになり、耐えられない症状を和らげ、また風邪や胃痛などの薬も改善されました。治療の成果の向上は、非常に喜ばしいことです。しかしその背景では、国民医療費の増加があり、医療費の薬剤費負担分が増大しました。かつて病院で薬を出していた頃には、医師による薬剤の処方がそのまま病院の利益となりました。患者は、医師が処方した薬であれば疑...

『居宅療養管理指導』という言葉は、耳慣れないのではないでしょうか。在宅療養している方で通院が困難な場合、医師、歯科医師、看護師、薬剤師、管理栄養士、歯科衛生士などが訪問し助言などを行うサービスです。また、ケアマネジャーへのケアプラン作成に必要な情報も提供します。要介護状態になることを可能な限り防ぎ、状態の悪化がないようにすることを目的とし、高齢者の状態に応じて自立した生活ができるように支援します。...

保険薬局の薬剤師は、病院から処方された薬を受け取りにくる患者への応対をします。いわゆる顧客は、患者です。薬剤師は、国家資格の有資格者であり、薬剤に関しては医師よりも詳しいです。しかし、患者の立場からは、「医師からもらった処方箋通りの薬をもらいに行く」という感覚でしかないでしょう。もちろん薬剤師が薬剤の専門家であることは理解していますが、聞きたいことは医師に確認をして、薬剤師からは薬をもらうだけだと...

公益財団法人日本薬剤師研修センターでは、研修認定薬剤師制度を設けています。全国で広く活躍する薬剤師を対象にし、研修成果の記録により客観的に認定するための制度です。研修は、薬剤師としての資質を維持するためのもので、これにより客観的な認定をすることができるのです。研修認定薬剤師は、倫理、基礎薬学、医療薬学、衛生薬学及び薬事関連法規・制度など、新規は4年以内、更新は3年毎に所定の単位を取得したことを申請...

転職を考えるのは、どんな職種であれ、現在の職場に不満があるからではないでしょうか。なんの不満もなければ転職することなど考える必要はありませんし、今の職場よりも良い職場があると期待するから転職を考えるのではないでしょうか。また、現在の職場に大きな不満がなかったとしても、自分の理想の求人が出ると、転職を考えるかもしれませんね。通勤圏内にあり、土日祝日休み、18時まで残業一切なし、年収600万円どうです...

薬剤師になるためには、大学の薬学部を修了し卒業した後、薬剤師国家試験を受験し合格しなくてはいけません。平成18年には、それまで4年制だった薬学が6年制となり、その課程は簡単ではありません。しかし、国家資格である薬剤師免許は、一度取得すると一生ものです。もちろんスキルアップや新しい薬学など、学ばなくてはいけないことは続きますが、それはどの職種でも言えることでしょう。さて、薬剤師の男女比はどれくらいだ...

薬剤師は、大学の薬学部を修了し卒業して、薬剤師の国家試験を受験して合格しなけれがなれない職業です。平成18年より6年制になった薬学は、修得する内容も去ることながら、経済的にも大変です。ですから現在主婦の方が、これから薬剤師の資格を取得して、薬剤師として仕事をしたいと考えているのだとしたら、非常に困難でしょう。6年間の大学生活は、大学に通う時間とは別に勉強の時間を割かれます。また、国家試験を受験する...

『薬剤師セラピスト』をご存知ですか?あまり耳慣れない言葉ですよね。セラピストと言えば、アロマセラピスト、カラーセラピストなどがあります。それぞれの分野を活かしてセラピーを行っています。セラピストとは、セラピーを行う人という意味があります。セラピー=治療や療法を行うこと。ほとんどの人が、精神療法や心理療法、メンタルケアのようなイメージをお持ちなのではないでしょうか。セラピスト=治療・療法を行う人です...

先に結論を言うと、通信講座で薬剤師の資格を取得することはできません。薬剤師の資格は国家試験を受験して合格しなければ取ることができませんし、受験資格として大学の薬学部を修了し卒業しなくてはいけません。薬学部は、平成18年より6年制となり、より困難になったと言えます。また、薬学部には通信制も夜学もありません。薬学部には実験や実習が必要な単位が非常に多く、通信講座ではとても不可能です。薬剤師の就職先とし...

薬を取り扱う販売業には、「薬局」「一般販売業」「薬種商販売業」という3種類の形で医薬品販売の許可があります。薬剤師の常駐が必要なのは、「薬局」と「一般販売業」のふたつで、「薬種商販売業」はその必要がありません。薬は、「医療用医薬品」と「一般用医薬品」があり、「医療用医薬品」は、薬剤師が医師の処方箋に基づいたを調剤する薬で、「一般用医薬品」は市販薬のことです。これらの薬を販売するためには、許可が必要...

『薬剤師』と聞いて、一般的に最も多くの方が思い浮かべるのが調剤薬局の薬剤師ではないでしょうか。調剤薬局とは、別の言い方で保険薬局とも言います。調剤薬局は、ひとつの独立した医療機関です。病院やクリニックの薬剤師との違いとして、医院内の中心が医師であり治療全般であることに対して、調剤薬局は薬剤・薬品が中心となり、より専門的になります。病院やクリニックに勤務していると、病院内のことを良くも悪くも耳にし目...

かつては、病院内で薬が処方されるのが一般的でした。最近では、院内処方するところはあまりありません。これは「医薬分業」と言って、政府は、医療費の圧縮、待ち時間の短縮、飲み合わせの防止、処方ミスの相互チェックなどを意図して取り込まれたものです。また、専門分野をしっかりと分けることで、それぞれの責任を持ち連携することが出来るようになったと言えます。とは言え、薬剤師を常勤させている病院・クリニックもまだま...

薬剤師の資格を取得すると、就職先として製薬会社を考える方は少なくないのではないでしょうか。製薬会社は、ほかの職種に比べて年収が高いと言われており、同じ薬剤師でもほかの業種よりも年収が高額のようですね。初任給は平均で年収約400万円、製薬会社全体の平均は年収約660万円となっています。しかし、実際に勤務時間を聞いてみると、その過酷さを伺えます。時給に換算すると1時間たったこれだけ?ということも少なく...

『配置基準』という言葉を知っていますか?例えば、医師は入院患者16人に対してひとり。看護師は一般的な病床で、7人の患者に対してひとりが推奨されています。ただし実態は、10人にひとり、13人にひとり、15人にひとりということがまだまだあるようです。では、薬剤師の配置基準はどうでしょう。薬剤師の場合、外来で処方箋75枚に薬剤師ひとり。病棟では処方箋70枚に対して薬剤師ひとりとなっています。つまり、外来...

私立大学の薬学部が増加し、将来的には飽和状態になると言われている薬剤師ですが、現状では人手不足の状態です。その背景には、薬剤師の配置基準が適切ではないことが挙げられます。処方箋70枚に対してひとりの薬剤師が配置される現状では、薬剤師は薬の調剤以外の仕事をすることができません。しかし、実際には保険調剤であっても、病院やクリニックであっても、また入院病棟であっても、薬の調剤だけをやっていれば良いという...

薬剤師は、その資格を活かして仕事の掛け持ちをする場合があります。昼間は調剤薬局で勤めて、夜はドラッグストアで働くなど、そのやり方は様々です。元々、高収入の薬剤師ですから、副業を考えること自体少ないかもしれませんが、中には時間をやりくりして行っている人もいるということです。また、昼間は一般企業に勤めて、夜間に副業として薬剤師の資格を活かしてドラッグストアに勤めている方もいますね。いずれにしても、だい...

薬剤師になるためには、薬剤師国家試験を受験し合格しなくてはいけません。薬剤師国家試験の受験資格として、大学の薬学部を修了し卒業しなくてはいけません。以前、4年制であって薬学部は、平成18年度より6年制に変更になりました。学校教育法の改正により、平成16年5月21日公布、薬学教育制度・薬剤師国家試験制度が変わりました。薬学部が6年制になった目的に、薬剤師養成が挙げられます。医療技術はどんどん高度にな...