MENU

薬剤師お役たち情報A記事一覧

日本は超高齢者社会に突入し、それに伴って医療の変化を求められています。完全施設医療から在宅医療を可能にし、在宅で満足に医療を受けられる環境が整いつつあります。高齢者向けマンションやグループホームなどが増え、病院での医療から自分のベッドの上での医療を求める声が増えています。現在、在宅医療を受けている患者さんの薬の管理は、訪問看護師が行っています。本来、薬の管理は看護師の仕事ではありません。薬に対する...

『医師法第17条』では、【医師でなければ医業をしてはならない】と定められ、『医政局長通知』において【「医業」とは当該行為を行うに当たり、医師の医学的判断及び技術を持ってするのでなければ人体に危害を及ぼし、又は危害を及ぼすおそれのある行為(医行為)を反復継続する意思を持って行うこと】としています。薬剤師の仕事は、医師の処方箋に基づいて調剤をし患者に安全に薬を提供することです。薬には副作用があり、多種...

薬剤師になるためには、国家試験を受験しなくてはいけません。そして、受験資格として、大学の薬学部を修了し卒業していなければいけません。ケアマネージャーの試験は、介護支援専門員実務研修受講試験といいます。受験資格は、保健・医療・福祉の国家資格を持っている者、或いは保健・医療・福祉の分野で5年以上900日の実務経験がある者となっています。『保健・医療・ 福祉の国家資格』には、医師、歯科医師、薬剤師、助産...

医療の世界において、ある種の革命とも言える医薬分業も、現在では当たり前のこととして定着しました。かつて、薬の院内処方が一般的で、院内に薬剤師が常勤していた時代から、現在のような調剤薬局での処方が一般的な形となった背景には、様々な思惑がありました。ひとつは、薬の処方に関して、第三者のチェックが入ることで、服用中の薬との飲み合わせやアレルギー、副作用のチェックなどを確実に行えること。そして、それとは別...

大学の薬学部を修了し薬学について十分な知識があっても、いざ患者さんと対面するとそれだけでは不十分だと感じることがあるでしょう。患者さんは、学んだことだけを質問するわけではありません。例えば、漢方薬や生薬のことを聞かれたり、サプリメントのことについて聞かれることもあるでしょう。実は、薬剤師がこれから取りたい資格の上位に、いつも漢方薬・生薬認定薬剤師やサプリメントアドバイザーなどがあります。薬局によっ...

薬剤師の仕事は、正社員ばかりではありません。パートやアルバイト、派遣社員ということもあります。派遣社員は、薬剤師派遣会社に登録することで、働く場を得ることができるシステムです。逆に、企業側は、派遣会社を通して人材に対する保証があるため、非常に安心です。派遣でのパートやアルバイトもあります。派遣会社に登録している企業が必ずしも思っているような優良企業であるとは言えませんが、劣悪である確率は非常に低い...

ワーキングホリデーという制度をご存知でしょうか?言葉だけは聞いたことがあるという方が多いかもしれませんね。ワーキングホリデーは、1980年12月にオーストラリアと日本で始まりました。ワーキング=就労 ホリデー=休暇 を合わせた造語ですが、意味はそのまま休暇を海外で働きながら過ごすという意味です。海外での就労体験と言っても良いかもしれませんね。現在では、オーストラリア、カナダ、ニュージーランド、韓国...

現在、薬剤師の登録数は約33万人、さらに約8000人の新人薬剤師が毎年誕生しています。平成18年度より、それまで4年制だった大学の薬学部が6年制となり、全国で次々と薬学部が設立されました。それだけ、薬剤師の需要も高く、質の向上も求められていたと考えられます。しかしその一方で、薬学部の定員割れは11校で起こり、入学数に対して卒業生が減少しているという傾向もあります。つまり、薬学部の数が増え、目指す者...

薬剤師の主な業務は、薬の調剤です。その中には、注射調剤業務も含まれています。注射薬は、強い効果が期待できる反面、血管内に投与されるので使用法には十分な注意が必要です。また、ほとんどの場合、急性期の患者に使用されるため、処方内容の詳細にも注意が必要です。注射薬は、薬剤師が処方せんに基づいて1回分ずつ調剤します。患者の検査値、年齢、体重、症状を考慮し、投与量、投与速度、投与期間などのチェックが重要です...

薬剤師は、国家資格です。大学の薬学部を修了し卒業した後、薬剤師国家試験を受験し合格した者が薬剤師となることができます。日本において、国内に居住している薬剤師は2年に1度の届出が義務付けられています。これは薬事法によって定められており、2年に1度、12月31日現在の氏名と住所、その他「薬剤師届出票」の記入をして提出をしなくてはいけません。「薬剤師届出票」は、厚生労働省で定められた事項となっており、住...